DTPオペレーターのアルバイトは高い給料で働けます

DTPオペレーターとは、photoshopやillustratorなどの画像編集ソフトを使用し、広告や出版物を制作する仕事です。世の中には非常に多くの広告や出版物があり、外出するとポスターや看板など必ずどこかで見かけますが、それらは全てDTPオペレーターが制作したものです。それだけにアルバイトの需要は現在でも十分にあります。ただし高いレベルでの制作技術が問われますので、即戦力になるだけの実力がなければ難しいです。
DTPオペレーターのアルバイトの給料は、都市部では時給1000円ほどが最低水準になります。それでもソフトの基本的な操作をマスターしていることが前提ですが、メインで制作する方のアシスタントをする仕事が多く、実務を経験したことがない方はここからスタートになります。何年か経験を積むと、入った会社が制作している媒体については相当な知識が付き、大まかに制作できるようになるでしょう。そうなると、進行スタッフの方と話をすれば細かい部分での調整もできますので、給料の大幅なアップが期待できます。より高い時給を求めるのであれば、派遣スタッフという選択肢もあります。
経験者に限定される求人であれば、時給1300円以上、高い案件では2000円近いものも存在します。雇用形態はアルバイトでも、プロが実力一本で収入にする世界ですので、求められる制作物のクオリティは非常に高いです。しかしそこで目いっぱい仕事をし、高い給料をもらっている方もいます。
経験以外で時給を上げる方法としては、深夜勤務がある会社も良いでしょう。新聞など朝に刊行される媒体を取り扱う会社では夕方から仕事が始まり、深夜割増が付きますので給料が上がります。

ページトップへ